東海機構Webinar イベント詳細

岐阜ジョイント・ディグリーシンポジウム2021

ニューノーマル時代の
ジョイント・ディグリー

~教育研究の国際化と地方創生~

イベントイメージ

本シンポジウムは、「ニューノーマル時代のジョイント・ディグリー」をテーマにオンラインで開催します。(産官学金連携セッションにおけるパネルディスカッションは対面もあり。ブース展示は対面のみ。)
12月9日午前には、東海国立大学機構が主催として開催する「東海国立大学機構JDPシンポジウム」、同日午後には、岐阜大学主催の学術セッション、12月10日午後には岐阜大学主催の産官学金連携セッションの3部構成となっております。

東海国立大学機構JDPシンポジウムでは、文部科学省によるスーパーグローバル大学創成支援事業における大学の国際化促進フォーラムのプロジェクト「我が国の大学教育国際化に資するジョイント・ディグリープログラムの促進~全国大学ジョイント・ディグリープログラム協議会による推進~」を幹事校である名古屋大学と連携し実施するにあたって、その活動内容等と全国のJDPを実施する大学の先進的な取り組みを共有しあうことを目的としています。

学術セッションでは、本学のJDPを通じた目的の一つである地域貢献への橋渡しとして、日本、インド、マレーシアにおける研究を紹介しながら、各地域の持続可能な地域社会を参加者の皆様とともに考えます。今回は、「ゼロエミッションに向けたバイオマス活用社会の創生」及び「ゼロエミッションを実現するテクノロジー」をテーマに、地域がそれぞれ持つ構想、地域開発計画や地域産業による環境に配慮したグリーンテクノロジーの事例などを共有し、参加者による意見交換を行います。

産官学金連携セッションでは、「SDGs対応紹介」及び「インドの竹資源利用」をテーマに、学術セッションで紹介された研究に関連した産官学金による諸活動情報をご披露頂き、本シンポジウムに参加いただく関係者の皆様とその情報を共有しつつ、今後の創成具現化に向けた方向性を探索する第一歩と位置付けております。

参加者の皆様と活発な議論ができることを心より楽しみにしています。

日時

2021年12月9日(木)
10:00~12:00 東海国立大学機構JDPシンポジウム
13:30~16:30 学術セッション

2021年12月10日(金)
産官学金連携セッション
13:00~16:00 パネルディスカション
13:00~17:00 ブース展示

開催方法

Zoomウェビナー(ただし、産官学金連携セッションにおけるパネルディスカッションは対面もあり。ブース展示は対面のみ。)

定員

各ウェビナー 先着500名(事前登録制)

対象

東海国立大学機構JDPシンポジウム:
東海国立大学機構教職員及びその他JDを実施する国内の大学等

学術セッション:
国内外の研究者、企業関係者

産官学金連携セッション:
国内の産業界、行政関係者、学生、大学関係者、金融関係者 ほか

お申し込み

以下「申し込む」から詳細をご確認の上、参加登録フォームにお進みください。