81回 名大カフェ
1mLの尿からがん診断」

 

日時

2021624() 19:0020:00

 

 

細胞は,様々な生体機能を担う物質を小さな小包(細胞外小胞:直径40-200nm)に入れ,体液循環を経て,遠く離れた細胞とコミュニケーションを取っていることが知られています。
細胞外小胞は正常細胞だけでなく,がん細胞も放出することが知られており,血液や,尿,汗,唾液にも含まれていることも近年明らかになってきました。

尿の細胞外小胞の解析による早期がん診断の可能性について,最新の研究成果を交えて,お話します。

〜名大カフェは,名古屋大学期待の若手研究者をゲストに「研究」というフィールドから見える世界や感動,異分野とのコラボレーションへの期待などを,MCとのトーク形式で語ります。〜

お申し込みはコチラ

 

 

トップへ戻る