東海機構Webinar イベント詳細

第32回 国際経済政策研究センター・キタン国際学術シンポジウム

ポストコロナ時代のグローバル・サプライチェーン再建

イベントイメージ

新型コロナウイルスの地球規模での蔓延は、都市のロックダウンや国境の閉鎖等の大混乱を招き、世界経済に大きな打撃を与えている。特に、財・サービス・人・資本の国際移動の急収縮は、グローバル・サプライチェーン(GSC)に深刻な打撃を与えた。これは気候変動、エネルギー問題、更に国々の安全保障を含む対立の深刻化と相まって、GSCの中長期的な不確実性とリスクを上昇させ、世界経済の安定的かつ持続可能な成長を危惧させる事態となっている。

本シンポジウムは、GSCマネジメントの観点から気候変動対策の緊迫性、カーボンニュートラル目標の実現、エネルギー安全の保障、貿易・投資摩擦に伴うGSCの構造改革などに関わるGSCの脆弱性、および各国によるリスク管理の問題点など、これまでGSCに隠れて今顕在化になった問題とその解決の方向性について、最新の学術研究成果を披露するとともに、理論・実証・政策の観点から上述問題の解決策を検討する場を提供する。

言語:英語⇔日本語(同時通訳付)

日時

2022年1月19日(水) 9:30~17:00

開催方法

Zoomウェビナー

対象

どなたでも

お申し込み

以下「申し込む」から詳細をご確認の上、申し込みフォームへお進みください。